農地転用について調べるなら農地転用ドットコム

第3種農地

区分の要件

農振農用地以外の農地で、市街地の区域内又は市街地化の傾向が著しい区域内にある農地で次に掲げる要件のいずれかに該当する農地。

 

@ 道路、下水道その他の公共施設又は鉄道の駅その他の公益的施設の整備の状況が次に掲げる程度に達している区域
ア水管、下水道管又はガス管のうち2種類以上が埋設されている道路(幅員4m以上の道路及び建築基準法第42条第2項の指定を受けた道で現に一般交通の用に供されていて、高速自動車国道等及び農業用道路をのぞく)の沿道の区域であって、容易にこれらの施設の便益を享受することができ、かつ、おおむね500m以内に2以上の教育施設、医療施設その他の公共施設又は公益的施設が存すること。
イおおむね300m以内に次に掲げるいずれかの施設が存すること。
(ア) 鉄道の駅、軌道の停車場又は船舶の発着場
(イ) 高速自動車国道等の出入口
(ウ) 県庁、市役所又は町村役場(支所を含む)
(エ) その他(ア)〜(ウ)に類する施設(バスターミナル等)

 

A宅地化の状況が次に掲げる程度に達している区域
ア住宅等又は公共施設若しくは公益的施設が連たんしていること。
イ街区の面積に占める宅地面積割合が40%を超えていること。
ウ都市計画法第8条第1項第1号に規定する用途地域が定められていること。

 

B土地区画整理法第2条第1項に規定する土地区画整理事業の施行に係る区域

 

許可の基準

第3種農地の農地転用は、許可することができるとあります。