農地に太陽光発電(ソーラー発電)を設置する

国内でも農地を転用して太陽光発電(ソーラー発電)施設を建設した事例が見られるようになってきました。
太陽光発電(ソーラー発電)を設置する場合、農地が都市計画法上の市街化区域に存しているのであれば農地法4条もしくは5条による届出をすることにより、特に問題が無ければ約1週間で届出の受理通知書が交付され、農地法による制約はなくなります。
これに対し、対象となる農地が市街化調整区域に存する農地であるならば、農地法4条もしくは5条による許可の申請が必要となります。

 

 

ソーラーシェアリング

農水省はソーラーシェアリングに関する指針を公表しました。ソーラーシェアリングで農地を有効活用できるチャンスです。

 

農地や雑種地に太陽光を設置したい方、ご相談ください。