農業法人

  農業法人とは、農業を営む法人のことをいいます。
農地法の改正により、株式会社などの法人でも農地の賃借はほぼ自由に行えるようになっており、土地を借りて農業を行う会社を「農業法人」と呼ぶことが多いです。ただし、農事組合法人や会社が農地の所有権を得ようとする場合は、農地法第2条の規定に適合し、農業生産法人の法人格を取得していなければならない。近年農地法の改正により、農業で起業する方が増加しています。また、政府も農地の利用を促進する施策打ち出し、企業の事業として営農する会社も出てきました。
  農業法人とは、会社や組合といった法人を設立して、法人内の事業として営農する法人をいいます。
  農業法人として営農することにより、対外的な信用力の向上による融資獲得や給与等の損金算入といった節税など、様々なメリットが生じます。営農目的に応じて適切な法人の種類を選ぶことによって、無駄な手間やコストを省くことも可能です。
  これに対し、法人化のデメリットとしては、事業内容や構成員に制約が課せられているということが挙げられます。主たる事業が農業でなければならないことや、構成員は農地を提供した者や営農従事者であることなど、一般的な法人に比べて自由度が低くなります。
  農業法人の設立にはあなたの条件にピッタリの司法書士・行政書士・弁理士が見つかる
サイトがおすすめです。