農地転用の方法

一般基準

一般基準は、土地の効率的利用の確保という観点から農地転用の許可の判断をする基準である。立地基準に適合する場合であっても、次のいずれかに該当する場合は、許可されません。

農地転用の確実性

次に掲げる事由により、申請に係る農地のすべてを申請に係る用途に供することが確実と認められない場合
@申請目的の実現に必要な資力及び信用があると認められないこと
A農地の転用の妨げとなる権利を有する者の同意を得ていないこと
B申請者が許可を受けた後、遅滞なく申請に係る土地を申請の目的に供する見込みがないこと
C申請に係る事業の施行に関して行政庁の免許、許可、認可等の処分が必要な場合は、これらの処分がなされなかったこと又はなされる見込みがないこと
D申請に係る事業の施行に関して法令(条例を含む。)により義務付けられている行政庁との協議を現に行っていること
E申請に係る農地と一体として申請に係る事業の目的に供する土地を利用できる見込みがないこと
F申請に係る農地の面積が申請に係る事業の目的からみて適正と認められないこと
G申請に係る事業が、工場、住宅その他の施設の用に供される土地の造成(その処分を含む。)のみを目的とするものであること。ただし、一定の場合は、例外的に認められる

 

被害防除措置の妥当性

農地転用により、土砂の流出又は崩壊その他の災害を発生させるおそれがあると認められる場合、農業用用排水施設の有する機能に支障を及ぼすおそれがあると認められる場合その他の周辺の農地に係る営農条件に支障が生ずるおそれがあると認められる場合

 

一時的な転用

仮設工作物の設置その他の一時的な利用に供するために農地転用を行おうとする場合にあっては、次に掲げる場合に該当するとき。
ア一時的な利用に供された後にその土地が耕作の目的に供されることが確実と認められない場合
イ一時的な利用に供するため、所有権を取得しようとする場合